結婚指輪はいつから付けるようになったの?

今では当たり前に付けている結婚指輪ですが、これはいつから付けるようになったのでしょうか。
結婚指輪は結婚の約束の印としてローマ時代にはすでに付けるようになっていました。
この習慣が現在に至っていると言われていますからその歴史の古さを感じることができますが、これが日本はということになるとちょっと違ってきます。
日本では、もともと指輪をするという習慣がありませんでしたから結婚したからとって指輪をするということはありませんでした。
日本でも結婚指輪を付けるようになったのは、明治時代ということが言われていますから日本ではまだまだ歴史の浅い習慣ということになります。
ちなみにダイヤモンドが定番となってきたのはさらに新しく高度経済成長期の頃となります。
これはちょうどこの時代にダイヤモンドの輸入が解禁となったためです。
今ではごくごく一般的なものとなっている習慣も以外と新しい習慣となっています。
これからも時代の流れによってちょっとずつちがったものとなっていく可能性もあります。