結婚指輪を交換するのには意味があるの?

結婚指輪は結婚式の際に指輪交換を行ってお互いの指にはめますがこの指輪の交換には何か意味があるのでしょうか。
なんとなくそうやるものだからということで特に意味など考えたことがないという人も多いのですが、その意味を知っていればまた違った神聖な気持ちで指輪交換を行うこともできるでしょう。
二人が待ちに待った大切な日だからこそより神聖な気持ちで新しい生活へのスタートを切ることもよいでしょう。
結婚指輪には結婚の印や愛の証、いつでも身に着けていることで相手を想っているといった意味がありますが、指輪を付ける左手の薬指には心臓につながっている神聖な指という考えがあります。
指輪を交換して相手の指にはめることで相手のハートをつかむという意味があります。
つまり指輪を交換することでお互いのこころを掴んだということでしょう。
結婚指輪は結婚したら多くの人が指にはめますがそこに込められた意味などはあまり知られていません。
せっかくならその意味を知って指輪の意味を考えるのもよい機会となります。